鹿野在住の秋本町子さんは、20年前から独学で鉛筆画をはじめられ、10年ほど前からは色鉛筆での作品に取り組まれたそうです。
暮らしの合間に少しずつ描き進められる作品は、『ねんりんピック山口2021』金賞受賞、周南市市展賞などを受賞されています。
日常の何気ない一コマを切り取ったようなその作品は、写真のように緻密で繊細。そして、そのお人柄のような 心に染み入る温かさを感じます。
作品に添えられたタイトルはご本人によるもので、ひとつひとつの作品に込められたストーリーを思い浮かべながらご覧いただくと、更にその色鉛筆画の世界に惹き込まれていくことでしょう。
年齢を重ねて輝ける、そんな生き方ができる町、鹿野にお越しくださいませ。